2010年12月16日

本当のサンタさん!

さて、クリスマスがもうそこまで迫ってきた今日この頃、街はクリスマス一色です。そしてクリスマスが近くなるにつれて暑くなってきたここメルボルン。しかし、今だに真夏のクリスマスというのは何か不思議な感じです。

冬でも夏でもクリスマスになくてはならない人、それはサンタさん。今日はそのサンタさんのお話。

St.ニコラスという人がサンタクロースのモデルになったということはよく知られていることだと思うのですが、果たして彼は一体どういう人だったのでしょうか。

ニコラスの両親は信仰心がとても強く(もちろんキリスト教のです)、そして恵まれない人々を助けることが彼らのミッションでした。ニコラスも幼い頃から両親と一緒に教会に通い、そこで聖書を勉強しました。そこで彼は聖書に書かれているとても大切な2つのことを学び、そしてそれらからとても強いインパクトを受けました。

1. To love God with all your heart (Matthew 22:37)
2. To Love your neighbor as yourself (Matthew 22:39)

彼はこの教えをすぐに実行に移したのです。それは彼の両親の友人の会社が倒産した時のことでした。その友人と3人の娘は一文無しになり、彼は一番上の娘を売らなければなりませんでした。それを聞いたニコラスは長女が売られる前夜、袋にいっぱいの金貨を入れ、家族が寝静まった後、開いている窓からその金貨の袋を投げ込み、誰にも気づかれないうちに彼らの家を後にしました。その金貨というのも家族が1年間生活できるほどの額でした。そしてその金貨が底をつく頃、ニコラスはまた袋いっぱいに金貨を入れて彼らの家に前回と同じく窓から投げ込みました。しかし、今回は父親に見つかり、父親は涙を流しながら

「なぜ、私たちにこのようなギフトをくれるのですか。」

「あなたがたにそれが必要だったからです。」

「それではなぜ私たちにあたなが誰なのか名乗ってくれなかったんですか。」

「なぜなら天の神様のみがこのことを知って下さっているということが私にとって大切なことだったからです。」

この答えこそ、サンタさんは皆が寝静まった頃にやってきて、誰にも見つかることなくプレゼントを置いていくということの原点になったのです。

残念なことに彼が10代半ばの頃、両親が疫病にかかり亡くなり、教会の牧師だったニコラスの叔父が彼の面倒をみることになりました。ニコラスは両親の莫大な遺産をすべて金貨に替え、地域の貧しい人々を助けることが両親の意志を受け継ぐことであり、彼の主であるイエス・キリストに貢献することだと考えました。そんな彼は20歳になる前に牧師になる道を選びました。

しかし当時の皇帝はキリスト教を迫害し、牧師であるニコラスもそのため投獄されてしまいます。刑務所の中でもニコラスは他の囚人達そして看守にまでも聖書の教えを説きます。そして壁の向こうにむかって常に祈りをささげました。その後、ニコラスは出所し、Myra(リュキア州にあった都市国家-現在のトルコ南部)の主教になりました。そこでも彼は貧しい人々に食べ物と住むところを与え、親が行方不明になってしまった孤児達の親を探したりと彼の本来持っている優しさ、思いやり、そして愛を人々に惜しむことなく与えました。また彼は外出する度に袋いっぱいにキャンディや贈り物をつめ、行く先々でそれを子供たちに与えました。彼の子供に対する愛は人一倍強く、年をとるごとにますます子供たちにおもちゃを与え、またその時にイエス・キリストの話をしました。

「キリスト様は子供が大好きなんだよ。だから彼はあなた達のことも大好きなんだ。」と。

彼の死後、彼の伝説はヨーロッパ中に広がり、多くの教会が彼の名前を自分の教会の名前にしました。また彼の人々を助け、世の中を自分が生まれる前よりよくしてこの世を去るという彼の行き方は私たちのよく知るサンタクロースの源になったのです。

世界中のすべての子供たちが笑顔になり、イエス・キリストの誕生を祝うクリスマス。しかし、まだまだ世界中には恵まれない子供たちがたくさんいます。

愛、平和、信じること、楽しみ、そして与えることを常に説いていた王子、イエス・キリスト。これらのことを私たちも実行することで本当のクリスマスの楽しみが味わえるのではないでしょうか。






同じカテゴリー(生活)の記事画像
ホリデーシーズン
コミュニオン
久々に!
学生服
乾燥肌(メルボルン)
満員電車(メルボルン)
同じカテゴリー(生活)の記事
 ホリデーシーズン (2010-12-22 14:42)
 コミュニオン (2010-09-24 17:54)
 久々に! (2010-09-23 14:57)
 学生服 (2010-08-27 11:36)
 乾燥肌(メルボルン) (2010-08-25 16:42)
 満員電車(メルボルン) (2010-08-23 12:00)

この記事へのコメント
とても勉強になりました。
私もできることから始めたいなと思います。
一日一善!
Posted by 小梅koume小梅koume at 2010年12月17日 09:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本当のサンタさん!
    コメント(1)