2010年10月29日

フレッシュシーフード

数週間前になりますが出張で1週間程、上海と台湾に行ってきました。

仕事上、毎年最低1回は上海や中国の他の都市に行くのですが、中国の成長(いろんな意味で)には正直圧巻です。

台湾も仕事で年に数回行くのですが、個人的には台湾は大のお気に入りです。何となく日本に近い感じがして親近感がわきます。後、やっぱり台湾料理が美味しい!

さて、その台湾でイベントの打ち上げでとある台北のレストランに行ってきました。日本でいう大衆居酒屋的な感じのレストランなんですが、個人的にはこういうの大好きなんです。和歌山県の南の漁師町にあるような小汚いけど、暖かくて料理の美味しいお店。

まずは入り口に氷の上に色んな魚介類が並んでます。




目のでっかい魚。スープにでもするんでしょうかね。




そして料理は店の前でオーナーらしき人がしてます。




小汚い店内。




エビの頭の揚げ物から魚の姿煮、焼き飯とたらふく台湾料理を頂き、お腹も心も満たされました。

どこの国でもミュージシャンという類はまぁ飲む人が多く、ビールの一気一気の連続で、最後の方にはもうわけわからなくなってしまいましたが、とても楽しい打ち上げでした。

その後、ホテルに戻って、一人で近くのマッサージ店で足マッサージで一日の疲れをとってもらい、すっきりしました。  


Posted by マリオ at 15:52Comments(2)グルメ

2010年10月28日

SALMON PATTIES

「サーモンパティ」、妻がよく作ってくれる焼きおにぎりのような料理。

米、鮭(缶ですが)、たまねぎ(みじん切り)、卵という日本の朝ごはんを一緒くたにしたような材料をおにぎりにしてフライパンで焼くといういたってシンプルな料理なんです。

さてこのサーモンパティ、妻と彼女の家族は甘辛のどろっとしたソース(中華とかで使われるやつ)をつけて食べているのですが、いかんせん甘いのが苦手な僕はこのソースはちときつい。

なので、僕はどうせ日本の朝ごはんのごちゃまぜ料理だったらということで醤油を愛用してます。キッコーマンのね。

どんだけ西洋かぶれしていてもやっぱり日本人、醤油は故郷を思わせてくれます。

まぁ、そんなことで、このサーモンパティ、簡単で醤油でいくと結構美味しいですし、たくさん作っておいて冷凍しといたらお弁当にもいいし、お薦めです。






  


Posted by マリオ at 10:57Comments(2)グルメ

2010年08月24日

Finger Food

ちょっと前になるんですが、妻の産休の為、彼女の会社の人たちがTeaパーティーを企画してくれ、僕も参加させてもらいました。

こっちでよくあるポットラック形式で皆で食べ物を持ち寄って、コーヒーも持参という何とも合理的なシステムなわけですが、午前中のTeaパーティーだったので皆さん手作りやスーパーで購入したFinger Foodを持ち寄りました。

僕らもジャパニーズフィンガーフード「えだ豆」と「じゃがりこ」を持参。個人的にはえだ豆大好きなんですが、こっちの方々は皮まで食べてしまったり、中の豆出すのに苦労したりと、ちょっと四苦八苦。最初に「えだ豆食べ方講座」開くべきでした。。。

僕はオーストラリアのFinger Foodではミートパイが好きなんです。ケチャップつけて頂くのがいいのですが、僕の味覚が悪いのかこちらのケチャップ、アメリカや日本のよりちょっと甘いような気がするのですが。しかもケチャップじゃなくて、「トマトソース」やし。

関係ないですが、先日こっちの義甥っ子とスーパーに買い物行って、野菜のトマトが必要で、

僕が

「Tomato (トメイト)買わないとね。」って彼に言ったら

「トメイトだって、ははは、笑っちゃうよ。。。トマトだよ。」なんだって。

勉強になりました。



  


Posted by マリオ at 10:35Comments(6)グルメ

2010年08月18日

お勧めカフェ in Toorak (Melbourne)

メルボルンには本当にたくさんのカフェがあって、それはもうすごい美味しいコーヒー入れてくれるカフェから、家ででも作れそうなコーヒー入れてくれるカフェ、大仏をモチーフにしたカフェ(実際にChapel Stにあるんです)、美味しい手作りパイやらケーキを出しているカフェなどさまざま。

メルボルンっ子曰く、「メルボルンじゃこういう地元のカフェで友人と時間過ごすのがすごくクールなの、某大手コーヒーチェーン店Sに集合なんてダサすぎるわ。良い年して誰がマクドナルドで友達とCatch upする?同じことなのよ。」

なかなか説得力のある意見だと思う。

まぁそういうメルボルンのクールなカフェの中でも僕らのお気に入りのカフェはToorak Roadにある「Sezana's Coffee Shop」。午前中に行くとたいがいは土地柄かウォーキングがてらに立ち寄ったマダム、ものすごく高そうな服着て新聞読んでいるマダム、老夫婦、そして頭よさそうなビジネスマンというのがメインのお客さん。

多分イタリア人系の方が経営されていると思うのですが、店内ではイタリアのオペラがよく流れていて、すごく良い雰囲気のカフェ。

ワインなどのお酒も販売しているので日が沈む頃、Toorak Roadの行き交う人々を見ながらの一杯もなかなかよさそうです。

Sezana's Coffee Shop
428 Toorak Rd
Toorak, VIC 3142












  


Posted by マリオ at 14:59Comments(4)グルメ

2010年08月16日

Hardware Lane(メルボルンCBD)

普段ちょっと近くの日本料理屋(家から歩いて10分くらい)に出ていくことすら大仕事の僕と妻。そんな僕らにとってメルボルン市内に夜出かけるというのはこれはもうある意味自殺行為のようなものだったのですが、仲の良い友人のパーティーだったので重い腰を上げて行ってきました。

さて、そのメルボルンにあるHardware Laneという巷では有名らしい路地にあるレストラン、POP。このレストランについては特に書くこともないのですが、この路地の雰囲気が何ともヨーロピアンな感じで初めて行く僕にとってはとても新鮮でした。ここは夜食事に出かけるのも良いかもしれないんですが、昼間にちょっと外のテーブルか何かに座ってコーヒー飲みながら一人で読書なんていうのもなかなか乙なんじゃないかと思うのでした。

近くて遠いメルボルンCBD。半年に1回くらい出てみるのも良いもんです。




携帯の写真だったのでかなり画像悪くて申し訳ないです。



妻と友人  


Posted by マリオ at 17:33Comments(0)グルメ

2010年08月13日

日本のスーパーマーケット

好きで住んでいるオーストラリアだけど、やっぱりたまには日本食も恋しくなる。母国から遠く離れた異国に住んでいる者にとって現地の日本のスーパーマーケットは本当にありがたい存在。

メルボルンにも知っている限り、Chapelストリート近くにFujiマートという日本のスーパーマーケットがある。僕らもちょくちょくお世話になっている。ここで日本のものを買って、その近くにあるプラーンマーケットで新鮮な魚を購入するというのが普段の流れ。たまに時間がある時はプラーンマーケット入り口にあるカフェでカフェったりもする。

Fujiマートで手に入る数ある商品の中でも僕らが家に常備しているのが冷凍餃子と冷凍えだまめ。この冷蔵餃子がかなり簡単に作れて美味しい!中国産というのが気になるが、今までお腹壊したことがないことをみるとまぁ大丈夫なんでしょう。

今週末から奥さんの実家に赤ちゃんができるまで里帰り。メルボルンから4時間くらい離れた町。人口3万人の町に日本のスーパーマーケットもあるはずもなく、週末メルボルンを発つ前にクーラーボックス買って、大量にFujiマートで仕入れをしてきます。

  


Posted by マリオ at 15:52Comments(0)グルメ

2010年08月10日

Yarra Valley

メルボルンから北東に約1時間程ドライブした所にあるYarra Valley。

ヴィクトリア州の中でも有数のワイナリーということで有名ですが、その中にある素敵な結婚式場・レストラン・ライブ音楽などを行うStones of the Yarra Valley(www.stonesoftheyarravalley.com)。

ワイン畑を一望できる広大な敷地の中にチャペル、レストランなどがあり、結婚式以外にもさまざまなイベントを随時開催していて、ここで食事をしたオーストラリア人曰く、料理とワインは「ファーストクラス」。

僕と妻もランチ、自分達の結婚式と何度か訪れたのですが、レストランの大きな窓越しに見える広々としたワイン畑の中で頂く食事はお腹も心も満たされます。

飲みすぎてメルボルンまで帰れないという人にはStones近郊のホテルもいくつかあります。僕達はBalgownie Estate(http://www.balgownieestate.com.au/Yarra-Valley/Home/)というホテルに宿泊したのですが、ちょっと値段ははりますがとても静かな素敵なホテルでした。このホテルでも現地のワインを購入することもできるので、まだ飲み足りないという人にもうってつけだと思います。

忙しい日常から解放されて静かなワイナリーでまったりと過ごす週末もたまにはいかがでしょうか。





  


Posted by マリオ at 11:15Comments(4)グルメ